審美修復とは

審美とは、色がきれいであることだけでなく、形もきれいであり、そして機能的であることを兼ね備えていなければいけません。そして、それを得るための治療法は適正に選択する必要があります。

症例および治療の説明

症例(1)

審美修復の症例1 術前

打撲で、歯が欠けてしまった18歳の高校生です。

審美修復の症例1 術後

余分に歯を削ることなく、チェアーサイドで時間をかけて、丁寧に修復しました。

審美修復 マイクロスコープ

このような丁寧な作業にマイクロスコープは欠かせません。

症例(2)

審美修復の症例2 術前

小さい頃から、歯の色に悩んでいた35歳の女性です。問題は、色だけではなく前から2番目の歯が上下でクロスしています。

審美修復の症例2 術中1

2番目の歯のクロスした状態を矯正で直します。

審美修復の症例2 術中2

歯茎の位置を修正するための手術を行いました。

審美修復の症例2 術後

歯の表面を一層けずり、陶材を貼り付けるラミネートベニアという方法で長年の悩みを解決できました。

審美修復の症例2 術前の笑顔
審美修復の症例2 術後の笑顔

歯と歯茎にバランスをとるために行ったオペとスマイルトレーニングにより表情と笑顔も改善できます。

オールセラミックス症例

症例(1)

オールセラミックス症例1 術前
オールセラミックス症例1 術後

症例(2)

オールセラミックス症例2 術前
オールセラミックス症例2 術後

症例(3)

オールセラミックス症例3 術前
オールセラミックス症例3 術後

オールセラミックス&ダイレクトボンディング症例

症例(1)

オールセラミックス&ダイレクトボンディング症例1 術前
オールセラミックス&ダイレクトボンディング症例1 術後

症例(2)

オールセラミックス&ダイレクトボンディング症例2 術前
オールセラミックス&ダイレクトボンディング症例2 術後
ページトップへ