インプラントとは

永久歯を1本なくしてしまった場合、今までは隣の歯を削って義歯をかけるブリッジが一般的に使われていました。そして、奥歯を2本以上なくしてしまった場合は、取り外しが可能な入れ歯をいれてもらっていました。しかし、今では人工歯根を植えることにより、もとの自分の歯と同じように噛むことができるようになりました。これがインプラント治療法です。歯があったときと同じように咬めるということ、取り外しという手間をはぶくことができ、出先、宿泊先での安心感は何事にも変えがたいものかもしれません。

また、安全性も10年以上の経過をもとに立証され、さらには見た目の美しさ、自然さを兼ね備えた治療として位置づけられるようになりました。

症例および治療の説明

症例(1)

インプラントの症例 術前
インプラントの症例 術後

入れ歯をすることなく、快適な食生活が営めます。

症例(2)

インプラントの症例2 術前
インプラントの症例2 術後

隣の歯を削ることなく、美しさと自然さも回復できます。

※ 提携歯科医師 甲斐久順先生ならびに提携歯科技工士 豆田裕氏による

ページトップへ